大容量データを送りたい!そんな時に便利な方法

大容量データはメールでは送れない?

一昔前と比べると、パソコンが桁違いに高性能となり、扱えるファイルのデータ量も大きくなりました。画像、動画、音声。そんな様々な種類の大容量データをどなたかに送りたい時、あなたはどうしていますか?まず思いつくのが、メールに添付する方法ですね。でも、メールで送れるデータ容量には制限があります。送ることができても、受け取る側のメールサーバーが受け付けてくれないこともあるので注意が必要です。では、そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

便利なオンラインストレージサービス

「オンラインストレージサービス」をご存知ですか?これは、その名の通り、データをオンラインに保管してくれるサービスのことです。現在、複数の業者がこのサービスを運営しています。アカウントの作成と、一定の容量までは無料、保存容量を増やすには、一定量毎に料金が発生するサービスが主流です。このサービスを使えば、メールでは送受信が難しい大容量のデータも簡単にやりとりすることができます。自分のパソコンの任意のフォルダとオンラインストレージの中身を同期してくれるサービスもあります。

ファイル転送サービスも便利です

オンラインストレージサービスは、仕事のデータなど、随時やりとりするデータをやりとりする際は非常に便利です。しかし、とりあえず一回送ってしまえば良い場合などは、ファイル転送サービスを使うというのも良い方法です。多くの場合、サービスを運営しているwebサイトから操作できます。送信したいデータをアップロード、その後発行されるURLにアクセスすると、データをダウンロードできるという仕組みです。アップロードの際、パスワード保護を行うこともできますよ。

大容量のファイルを送信したり受信しようとすると、長時間になってしまうことがあります。そのため、ファイル圧縮ソフトを使って大容量ファイルを圧縮することで、容量を小さくすることができます。