プライバシー情報の保護と様々な悪徳商法について

あまり報道されない種類の悪徳商法

プライバシー情報の保護という観点の報道が、最近マスコミではよく取り上げられていますが、その必要性を理解する為には、まずそもそもどのような悪徳商法がこの世の中には存在するのか、知っておく必要があると言えのではないでしょうか?でも、オレオレ詐欺のようなものは、よく報道されていて、もう既にご存知のことと思いますので、以下には、あまり報道されない種類の悪徳商法について、御紹介していくことにしていきましょう。

「内職商法」・「ホームパーティ商法」

まず、「内職商法」というものがありますが、どのようなものか検討がつくでしょうか?これは、有利な収入を謳い文句にして、内職希望者を募集し、高額な機械等を売りつけるという手法です。これは、家庭の主婦層をターゲットとしたものですが、同じく主婦層をターゲットとしたものに「ホームパーティ商法」というものもあります。これは、自宅を会場にして、近隣の主婦を集め、料理講習会などを開催させ、鍋等を売りつけるというものです。

「見本工事商法」・「原野商法」

それから、そろそろ住宅を購入しようかなどと思っている方に気をつけて頂きたいのが、「見本工事商法」です。特別に格安で見本工事を行いますなどと言って、実際は高額な工事を施行するという手口となっています。同様に、不動産でも購入しようかなどと思っている方に気をつけてもらいたいのが、「原野商法」です。これは、価値のない原野や山林などを、値上り確実などと偽って巧みに宣伝し、高額で売りつけるという手口となっています。

機密文書とは政治や国家、企業の調査資料や諸統計、個人情報などの極めて重要な秘密を記した文書や書類のことを言います。

機密書類の廃棄とは
お問い合わせ