起業のやり方の基本的な考え方とは!!その3選

業種を決めることが重要

自営業、起業をしようと思ったのであれば、まずは業種を決める必要があります。それは経験であったり、暖簾わけであったりして、選択をするのではなく、事実上、個人的には限定されているといえます。例外的にはフランチャイズで起業をすることです。これはノウハウがなくてもできるようになります。何故ならばすべてがマニュアル化されているからです。スキルとコネがあれば、それを生かすべきですが、フランチャイズと言う選択肢もあるわけです。

独立をすることと言うのは

独立はリスクがあります。サラリーマンにもリスクがないとはいいませんがその比ではないです。しかし、長く続けることができる可能性もありますし、何より独立独歩の精神で生きて行くことができます。それが実に良いことであり、上手くすれば莫大な収入になることもできます。サラリーマンではない、と言うことにメリットを見出す人も多いわけです。お金を稼ぐことが自覚的に出来るのが自営業になります。それが良いところになりますが、リスクは考えることです。

起業で求められるスキルの一つ

起業で求められるスキルと言うのは、簿記があります。これはなかなか意識していない人がいますが、必須になります。要するに経理、経費に関する意識であり、知識です。帳簿をつけないといけないわけですが、これができる人が必要になります。当然ですが、自分で出来る必要が多少はあります。かなり儲けており、自分で帳簿をつけるよりも人を雇って任せたほうが稼ぐことができる自営業もあります。その場合は知識は不要になります。

フランチャイズ形式とは、加盟店が本部に売上の一部や予め決められた料金をロイヤリティーとして支払うことでサポートを受ける仕組みです。