使用環境によって異なる?フォークリフトには2種類ある!

フォークリフトには2種類あります

フォークリフトを購入するときには、使用環境に合ったフォークリフトを購入する必要があります。使用環境には室内や屋外などがありますが、それぞれの使用環境によって最適なフォークリフトがあります。使用環境に適したフォークリフトを購入しないと購入後に使いにくいことになるでしょう。フォークリフトには大きく分けてカウンター式とリーチ式の2種類があり、それぞれには特徴があります。フォークリフトによっては運転がしやすいリフトと慣れが必要なリフトがあります。

カウンター式のフォークリフトは非常に便利です

フォークリフトにはカウンター式のフォークリフトがありますが、カウンター式のフォークリフトでは椅子に座って操作を行うことが特徴です。カウンター式のフォークリフトの操作は自動車の運転と同じなので、フォークリフトに初めて乗る人でも簡単に操作ができるメリットがあります。カウンター式のフォークリフトはバッテリー内臓のリフトとガソリン式のリフトがあるので、バッテリー式とガソリン式の2種類から選ぶことが可能です。

狭い場所での作業に便利なフォークリフト

リーチ式のフォークリフトには椅子がないので、立って操作を行うことが特徴です。リーチ式のフォークリフトの操作は自動車の操作とは異なり、ペダルを放すとブレーキがかかる仕組みになっているので、多少の練習が必要になります。リーチ式のフォークリフトにはカウンター式のフォークリフトとは違い、バッテリー内臓の充電タイプの1種類しかありません。椅子がないのでスリムなフォークリフトになるため、狭い場所でフォークリフトを使うときに便利なフォークリフトです。

フォークリフトとは油圧で上下し前後に傾くフォークを取り付けてある荷役用自動車のことで、工場などでよく使われています。