どれがいいの?中古フォークリフトの選び方を知ろう

実店舗で買ってみよう

フォークリフトは中古のものも販売されているのですが、これは店舗だけでなくインターネット上からも購入できるのです。インターネット上では中古のフォークリフトを買うことができる専門サイトもあって、ここでは各商品の写真などが掲載されていますよ。さらに修復歴や走行距離なども書かれているので店舗と同じような感覚で買えるのですが、やはり購入するときは店舗でするのが良いでしょう。店舗だと細かい部分まで実物を見る事が可能でお店の人に質問できるのです。

車両の年式を確認しよう

中古フォークリフトはそれぞれのもので使用頻度などが違っています。年式に関してもバラバラであり、こちらの年式は比較的新しい物が望ましいのです。しかし年式の新しいものはその分価格も高くなっていて、なかなか購入に踏み切れないという人もいるでしょう。この年式は基本的にしっかりメンテナンスを行っているものだと15年は持つので、安価に済ませたいのであればある程度年式が古くてもメンテナンスをしっかりしているものを選ぶといいですよ。

ステッカーも確認しておくべき

メンテナンスがしっかりしているフォークリフトを探すときに便利なのがステッカーの存在であり、これが貼られているものはメンテナンスをしている証拠になりますよ。このステッカーは特定自主検査済ステッカーというもので、自動車で言うところの車検にあたります。本体に貼られているものなので入念調べて貼ってあるか確認しておきましょう。年式が古くても特定自主検査済ステッカーがあると、安心して購入できる車両になりますよ。

フォークリフトなら中古の製品を選ぶことで、しっかりとコストパフォーマンスの高さを実感することができます。